木造住宅の外壁通気工法

2021.07.29
現場便り

滋賀県草津市で新築工事中の現場です

現在、外壁工事中

外壁の中は、湿気が入り込むと結露やカビが発生し

木材が腐ってきたり、室内環境も不衛生になってきます。

そうならないために「外壁通気工法」という方法で施工をしています。

建物外周部を「透湿防水シート」という室内の湿気は外部へ通し

外部からの水滴は室内に入れない材料で覆います。

スポーツやアウトドアが好きな方ならご存じのゴアテックスと同じ機能です。

それから、建物躯体と外壁材の間に隙間を設け、そこから湿気を放出

建物外周部の壁の中を乾燥させて、耐久性を高める工法です。

木造住宅を長く保つためには、木材を「乾燥」させることがとても大切です

もちろん、空気の入口と湿気の出口もしっかり確保しています

滋賀県で木造住宅をお考えの方は、ぜひアンソホームへお問合せください。

資金計画や土地探し、設計、お見積りは無料です。

また、仕様や工法などにご興味のある方もお気軽にお問合せくださいね。

↓ ↓ ↓

お問合せ

 

FREE
カタログ画像
カタログや防犯住宅資料を無料でお届け!
アンソホームの施工例や、防犯住宅の詳細などをご覧いただけます。

お電話の場合

0120-05-3005

営業時間9:00〜18:00
第1・3・5火曜/毎週水曜定休

様々な取り組み
安心の60年長期保証
アンソホームの防犯環境設計
家族の暮らしを守る予知防犯
健康で豊かな暮らし方提案
スタッフブログ
SDGs宣言
タップひとつで家づくりは無限大に ジブンハウス
SUPER WALL
滋賀県防犯設備士協会
Facebook Page
Instagram