家族の暮らしを守る「予知防犯」

防犯対策は"防犯意識"が大切。
犯罪者に狙われにくい住まい方をご提案いたします。

防犯対策で大切なことは"防犯意識"です。監視カメラや赤外線センサーを設置しても、ピッキングに強い鍵に交換しても、警備会社と契約しても、防犯対策そこに住まう人に隙があれば、犯罪者に狙われてしまいます。アンソホームは、犯罪アナリストの梅本正行氏が学長を務める、NPO法人日本防犯学校認定のセキュリティインストラクターを取得して、家族が安心して生活するために、犯罪者に隙を見せない住まい方などの「防犯知識」を、家づくりを行う方へ積極的に発信しております。

犯罪者が「入りたくない・入りにくい・入れない」家づくり

住宅侵入犯罪を未然に防ぐためには、"犯罪の種類と手口"を知り、"犯罪者の心理や行動"を読むことが必要です。そして、被害に遭いやすい家か、犯罪が起きやすい環境かを見極めた上で、「音・光・目・時間・通報」を駆使した"5つの対策"を講じます。被害に遭ってから対策を講じては手遅れです。被害に遭わないために、犯罪者が「入りたくない・入りにくい・入れない」対策をすることが、最も重要なのです。

住まいの防犯のことなら、どんなことでもご相談ください

効果的な防犯対策を講じるために、NPO法人日本防犯学校認定のセキュリティインストラクターが、住まいの環境・家族構成・ライフスタイルなどを充分に考慮して、犯罪に遭いにくい住まい方・防犯対策をご提案いたします。「敷地内に見知らぬ足跡がある」「無言電話が多い」「郵便物が盗まれる」などは要注意、防犯のことなら、どんな些細なことでもご相談ください。

カタログや防犯住宅資料を無料でお届け!
アンソホームの施工例や、防犯住宅の詳細などをご覧いただけます。

お電話の場合

営業時間9:00〜18:00
第1・3・5火曜/毎週水曜定休

様々な取り組み
家族の暮らしを守る予知防犯
健康で豊かな暮らし方提案
アンソホームの防犯環境設計
スタッフブログ
タップひとつで家づくりは無限大に ジブンハウス
SUPER WALL
滋賀県防犯設備士協会
  • tel:0120-053-005
  • 資料請求
  • 相談会